読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今が旬のおいしい和風スパイス。紫蘇、山椒、ミョウガ

食-夏

 スポンサーリンク

和風スパイス

スパイスというと、西洋などの異国のイメージがあるかもしれませんが、日本にも山菜や野草などスパイスの仲間がたくさんあります。

紫蘇、山椒、ミョウガ

https://www.instagram.com/p/BI9AVHvgX78/

今が旬の紫蘇、山椒、ミョウガも和風スパイスです。

ほかにも日本に定着しているスパイスとしては、三つ葉、セリ、からし、わさび、ラッキョウ、ヨモギなど意外にたくさんあるんですよ。

 

先日、実家で採れた紫蘇、山椒、ミョウガがたくさん送られてきました。
たくさんあると思い切って色んな料理に挑戦出来るので嬉しいです。

和風スパイスの醤油漬け


まずは醤油漬けを作ってみました。

醤油付漬けにするとある程度日持ちするので、便利ですよ。
作り方もとても簡単で風味が醤油に移って、色んなものに使えます。

f:id:mari-labo:20160812210646j:plain


基本は醤油に漬けるだけです。

紫蘇は一緒にニンニクのスライスも入れました。
山椒だけは下ごしらえとして15分煮て1時間水にさらしてあく抜きしたものを使います。有り難いことに、すでに母が下ごしらえをしたものをくれました。感謝です。

 和風スパイス醤油の活用

この時期、冷ややっこを食べることが多いのですが、お醤油だけだと飽きてしまいます。

上に何か乗せて食べたりしていますが、トッピングが何もない時でもこの和風スパイス醤油があれば味に変化がついて便利です。

 

他にもチャーハンの隠し味にしたり、卵かけご飯に入れたり、納豆に入れたり。

醤油に漬かった紫蘇を海苔代わりにおにぎりを作ったら本当に美味しかった!!

和風のものであれば割と何でも合います。

 

紫蘇とミョウガのかき揚げ

夜は素麺の付け合わせに、紫蘇とミョウガの天ぷらを作りました。

f:id:mari-labo:20160812211124j:plain

これが相方に大好評。他にもゴマや海苔など薬味を並べていつもの素麺がちょっとしたご馳走になりました。

 まだまだたくさんあるので、塩漬けにしたり、天日に干したり、つくだ煮にしたり。
いつも新鮮でおいしい食材を送ってくれる両親と祖母に感謝しつつ、保存食づくりに精を出しました。

 

暑い時期に食欲がなくなることもありますが、紫蘇の爽快な香りのもとであるペリルアルデヒドは、胃液の分泌をうながし、食欲を増進させたり胃を丈夫にする作用があるといわれているようです。

旬のものをその時期に食べるのは体にとっても合っているということでしょう。
和風スパイスを上手に暮らしに使って、暑い夏を乗り切りたいですね。

紫蘇とミョウガのかき揚げレシピ

かき揚げのレシピはMARI- LABOの方に載せてありますので、宜しければ参考にしてください。

〇和風スパイス、紫蘇とミョウガのかき揚げレシピ - MARI-LABO