ラダックで見つけた私の理想の生活

かなり以前にも触れたことがあるのですが、2年ほど前に2か月ほどラダックという場所を旅していました。

インドのラダック地方

f:id:mari-labo:20161020095815j:plain

ラダックに行ってきましたというと、どこそれ?という方がほとんどだと思いますが、インドのジャンムー・カシミール州東部にあります。

・・・ジャンムー・カシミール??
とりあえず、ざっくりインドの北の方にあると思っていただければOKです。


なぜ、そんな辺鄙な場所に旅に行こうと思ったのか。色々と理由はあるのですが、きっかけは友達からラダックの話を聞き、ラダックの本を読みなんだか面白そう!!という直感に従いました。

ラダックについてのお勧めの本

その時に読んが本がこちら

ラダックの風息 空の果てで暮らした日々 (P‐Vine BOOKs)

懐かしい未来 ラダックから学ぶ

ラダック ザンスカール トラベルガイド インドの中の小さなチベット (地球の歩き方GEM STONE)

『ラダックの風息』はラダックを教えてくれた友達が貸してくれた本です。
美しい写真とともに、ラダックの今の暮らしがリアルに書かれていて、ラダックに行くことを決めたきっかけになりました。

『懐かしい未来』はラダックの文化について著者がその変化や幸せのあり方などとても詳しく書かれています。これは行く前にも飛行機の中でも、滞在中も何度も読み返した良書です。
トラベルガイドは、ガイドブックとして購入しましたが、写真がとてもきれいで眺めているだけでも楽しい。

最初は直感ですが、昔から続いている自給自足の生活スタイルやラダックの人々が幸せを感じる定義の移り変わりなどがとても興味深く、その文化に直接触れてみたいと思い行ってみることに決めました。
結婚して、子どもが生まれる前までは基本一人旅でフラッとどこにでも行く性格だったのです。もちろんどこの国へ行くにも危険な目に合わないように十分注意は払います。

ラダックでの滞在場所

ラダックの滞在中はホームステイやゲストハウス、普通の民家などいろいろな所に滞在していたのですが、今日はレーというラダックの中心地で滞在していたホームステイ先についての話。

レーはラダックの中心地だけあって、大きい通りには旅行者向けのレストランやオシャレなカフェ、お土産屋さんが並んでいます。

 

食の自給自足

中心町だけど、私がステイした家にはキッチンガーデンと言って家の目の前に畑があり、何種類もの野菜を育てているんです。
基本、野菜は自給。夕飯前にその日使うものをお母さんやお父さんと一緒に収穫しに行きます。

f:id:mari-labo:20161017050816j:plain

これ、日本ではあまりみかけない野菜ですが、かぶ?この丸っこい部分を薄くスライスして生でサラダとして食べます。塩とパクチーを混ぜたサラダが絶品。

f:id:mari-labo:20161017050914j:plain

こんな感じにキャベツとか、ジャガイモとか日本の畑と育ている野菜はほとんど同じです。

f:id:mari-labo:20161017050959j:plain
お母さんが学校の先生として働いてるので、お父さんも料理をします。
お父さん料理上手。
私がステイした家では料理はお父さんが作る家庭も半分くらいありました。

早朝、香ばしい香りで起きると大麦を炒っている。パンパンとはじけていて、食べるとポップコーンのように香ばしい。炒ってから粉に引いて、これをチャイとかミルクで練って食べたり、薄いピタパンのようなものを作ったりします。
お母さんが豪快に炒っていますが、火の勢いがすごい。
途中、火に木をくべたり手伝いましたがなかなか熱い。お母さん強いなあ。

f:id:mari-labo:20161017053756j:plain

家も手作り

家のブロックも手作り。
庭の土を掘って水と混ぜて、ブロックの形に成型し天日で乾かし重ねていく。
こんな風に庭の一画で土を掘っています。

f:id:mari-labo:20161017051723j:plain

水と混ぜて成型し、乾燥させて

f:id:mari-labo:20161017051801j:plain

積み上げて隙間をまた泥で埋めていきます。これは家の周りの塀を作っているところ。

f:id:mari-labo:20161017051809j:plain 

f:id:mari-labo:20161017051815j:plain

家を作るのは簡単だよ~っと言って実際にやっているのを目の前にすると本当にそんな気がしてきます。

 

私が泊まっていた部屋からの眺め。
美しい山脈。

f:id:mari-labo:20161017051959j:plain

庭にはたくさんの色が。
この花を長めながら、外でスパイスたっぷりの甘いチャイをすする。最高でしたよ~。

f:id:mari-labo:20161017052047j:plain 

f:id:mari-labo:20161017053727j:plain


その土地にあるもので、なるべく自分たちの手で食や居住地に関わっていく。
いいなあと思います。


ここまで書いていると、自分の実家の宮城での生活と似ている点がいくつもあります。
結局私はこういう生活が好きなんですね。

 

なんかあの時期は『幸せってなんだろう』ってよく考えていた時だったんです。
自分の理想の生活ってなんだろう。これからどんなライフスタイルを目指して行くのだろうってノートに書いたり、本を読んだり。
今は、息子君と相方君と一緒に健康に暮らしているのが一番幸せを感じられる毎日ですが。

ラダックの生活や宮城の実家のような生活がいつか送れるといいなあ。
次はラダックの中心地かたバスに揺られて約30時間のザンスカールという地方でホームステイをした生活ぶりを書こうと思います。
と~ってものどかな生活でした。

 

野菜中心のインドの素朴な家庭料理(ラダックのスキウ) - MARI-LABO

ラダック(Ladakh)の家庭料理モモレシピ - MARI-LABO

モモ(MOMO)とトゥクパの会 - MARI-LABO

 

保存

保存

保存

保存

保存